Dylan O’Brien / ディラン オブライエン

カリフォルニア州立大学サンディエゴ校
人類学部博士後期課程

1993年アメリカのミネソタ州生まれ。ミネソタ州のハムライン大学で人類学と日本文化を勉強して、地元平和主義運動や動物愛護活動に参加しました。2014年に秋田県の国際教養大学で留学した時で、「マクロビオティックス」と出会いました。

2017年にカリフォルニア州立大学サンディエゴ校の人類学部博士後期課程に入りました。大学院でマクロビオティックの研究を続け、マクロビオティック思想と現代政治の関係を研究しています。マクロビオティック哲学に触発され、フェミニスト理論 やフランスの「ポスト構造主義」という哲学運動の影響により、「主観」と「客観」の構成を拒否する研究方法に進みました。研究活動はマクロビオティック生活を実践し、みんなとマクロビオティック環境を作りながら、「どういうマクロビオティックの概念や思想がどんなコミュニティーを作るのか」を理解することが目的です。 read more…

Kenji Okabe / 岡部 賢二 

日本玄米正食研究所 所長、フード&メディカルコンサルタント、正食協会理事
1961年生まれ。
大学在学中に渡米し、肥満の多さに驚き「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究。
日本の伝統食が最高のダイエット食と気づいた後、正食と出会い桜沢如一先生の食養健康法を学ぶ。
正食協会講師として活動後、2003年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。
農業の勉強のかたわら、全国で食育やマクロビオティックに関する講演、陰陽五行と気・血・水の考え方と、深層心理学をとり入れた独自の健康指導を行う。
趣味は畑仕事。 read more…

Yasko Ojima / 小島 也主子

オーストラリア シドニー在住中、家族の病気のことがあり栄養学、自然療法、マッサージを学ぶ。シドニー在住中、偶然、近くにマクロビオティックカフェ‘MACRO’ と言うCaféがオープンし、そのカフェで働く機会をもらいマクロビオティック の楽しさを経験する。
帰国後、米国クシインスティチュートにてリーダーシッププログラムを学び始める。その翌年より日本、オランダ、ベルギー 各国で経験豊かな指導者たちからマクロビオティック を学ぶ。
マクロビオティック料理教室『未来キッチン~A way of life~』を主宰しながら国内外にてマクロビオティック講師やプライベートシェフを行い、日本の伝統食や発酵食の素晴らしさをご紹介する。 read more…