第20回マクロビオティックわの会を開催しました

開催日時:2021年4月12日(月)15:00~17:00

出席者:磯貝昌寛、磯貝柚佳里、斉藤武次、櫻井裕子、高桑智雄、千葉芽弓、中島デコ、永井邑なか、長崎希妃子、橋本宙八、パトリシオ、ヒメナ、村井友子、茂木紀三巴、山口眞利枝(50音順、敬称略)

議題

  1. 磯貝さんインタビュー(by.宙八さん)
    ・大森先生に初めて会った時のこと、心を打たれたことについて
    ・頭だけで物事を理解しようとする若い人が多いが、今のマクロビオティックの在り方についての提案
    ・医学的な考え方や医者の見解と、拝毒のような食養的な見方の違いについて
    ・実践の大切さ。夫婦とマクロビオティックについて
    ・今後のマクロビオティックと注目していること
    ・じゃこ一匹論争について
  2. フリーディスカッション
    ・マクロビオティックにおける断食の位置づけと考え方について(半断食)
    ・肉食について
    ・食養指導の中で、病院への行き時のタイミングと判断について
    ・石塚左玄の腎不全、50代での他界について(腎臓の病について)
    ・桜沢リマ先生がなくなる10日ほど前から食事を断ち、自然に死に向かっていったことについて
    ・里芋パスタ、生姜湿布について
  3. 5月の公開マクロビオティックわの会のテーマについて
    仮:「肉食と環境問題について」
    パネラー:パトリシオさん、ヒメナさん、櫻井裕子さん(千葉芽弓)
    ファシリテイター:高桑さん
    パトリシオ:肉食についてと、それが及ぼす環境問題について
    ヒメナ:肉食大国のアルゼンチンからみて。アルゼンチンの農業政策について
    櫻井:代替肉の問題について (一部資料提供:千葉?)※肉食・動物食におけるマクロビオティックの毒消し・消化補助的な食べ方、陰陽バランスのとり方などの知恵や、食卓における肉食の取り方についても盛り込む。

    ■次回は5月16日(日)19:30~ 公開マクロビオティックわの会@Zoom